こんにちは、SD在住ジュンコです。

前回のブログ

細かいルールありすぎです。

の続きです。


WEBから予約をした翌日
日本JALさんから返信がありました。

ご予約くださった「予約クラス:O」の場合、
ご確認いただいております通り、前方座席はご指定いただけません。

私の質問メールだけ読めば
この返信が正解になります。

が。。。

私の予約クラスがメールにあったので
私の名前から私の予約チケットを
JALさん側で検索したと思われます。

なので
私の予約内容をチェックしたはずだと
思っていたんですが。。。

その上で(だと思います。)
前方座席はご指定いただけません。

って。
私すでに前方座席予約しちゃってますけど
これって、大丈夫?
と不安になりました。

なのでもう一度問い合わせ。

そしたら
事前座席指定の制限について、おわかりになりづらいとご指摘を頂戴し、
心苦しく存じます。

というご丁寧な文面ともに
同行者の名前など
予約詳細を送ってほしいというメールが。。。

予約番号から同行者の名前まで全ての情報と
確認したい点を2点箇条書きにし
メール最後に
私はただただ、私の予約がこのまま、座席が変更されることなく、搭乗できることを希望します。

と書きました。

そしたらね、
XXに代わり、YYよりご案内します。

と返信がありました。
このYYさんは
多分XXさんの上司の方だと
思われます。

簡潔でわかりやすく
私の質問に対して
的確な回答でした。

そしてなんと!
200ドル支払った有料席代が
返金される事になりました

主人のマイレージバンクのステータスが
コロナで延長されていたんです。
ラッキーでした。

ステータスがあったから
前方座席の指定ができ
有料席は無料で指定できるはずなのに
WEBでは必ずチャージされ
その後問合せをすると
返金される仕組みのようです。

いろいろなことがあり
いろんな情報も得ることができました。

チェックインカウンターで
予約と違うことを言われて
揉めるのが嫌だったので
3回もメールしてしまいました。

ちょっとおかしいな?って
思うことがあったら
時間のある時に
電話問合せすることが
いちばんですね。

じゃあ、またね流れ星
See You バイバイ