こんにちは、SD在住ジュンコです。


またまたこのお手紙が
届きました。
IMG_2268

X月Y日 A時にB裁判所まで
陪審員をするために
きてくださいねという内容の
お手紙がはいっています。


アメリカ市民は
この陪審員は義務なのですが
アメリカ市民権のない人は
陪審員をする資格がないんです。


私は日本国籍のアメリカ永住権保持者で
アメリカ市民権はもっていないので
資格がありません。


サーチすると
このお手紙が届く人は

選挙人名簿などから無作為に選ばれるとか
書いてありますが
選挙権のない人にも届きます。


うわさにきいたところでは
運転免許証名簿から
選んででいるんじゃないか。。。と。


ああ、そういえば
うちの子どもたちが
免許とってすぐに
お手紙届きました!


アメリカに来て
まだ1年もたたないころ
それも主人出張中で
この手紙に気づいたのが
午後10時をまわっていて
お友達に電話もできず

 COURT (裁判所)
からの手紙ってなに??
と一晩中とても怖い思いで
眠れなかったのを覚えています。


義務も資格もないのですが
お断りの返信はしなくちゃいけません。


お断り理由の1番目に
「アメリカ市民ではなく
XX国籍です。」
という項目があります。

これにチェックして
返信封筒代の切手をはって
だします。


この手紙を発送するお役所も
時間もお金もかかっていると思います。
私も切手代が必要です。

義務、資格のない人には
送らないようなシステムを
つくってくれないかなぁ。。。

と、毎回
このお手紙が届くたびに
おもいます。

じゃあ、またね流れ星
See You
 バイバイ